他県での転職活動を行って給料の不満を解消

転職活動を行うとなると、給料などは大きなポイントの1つになります。なぜなら、それは仕事のやりがいにも大きく関わってくるからです。そのため給料の高さを望む方々などは、県外での転職を望むケースも少なくありません。

 

転職で給与・待遇アップをしたい!どうしたら実現できる?|とらばーゆ

 

1.地域によって異なる平均給料

 

 

そもそも各地域の給料水準は、それぞれ異なる状況なのですね。求人業界では、たまに最低賃金という表現が使われる場合があります。それぞれのエリアにより、給料の高低なども異なっている訳です。一般的には東京エリアなどは、かなり給料が高めに設定されています。それに対して郊外エリアの場合は、給料が低めになっているケースもあり、それぞれの地域によって差があるのです。それは転職の理由の1つにもなり得ます。

 

 

2.自分が働く病院の給料が不満

 

 

そもそも看護師として働く方々は、必ずしも自分が働く病院の給与体系などに、満足をしているとは限りません。中には大きな不満をお持ちの方々も見られるのです。例えばある病院で働いていて、毎月受け取る給料が28万だとしましょう。ところが一部の社員の方々は、それでは不服だと考えています。28万などではなく、32万ほど受け取れるべきだと考える事例もあるのですね。

 

 

3.他の病院ならば給料が高めな可能性が

 

 

ところで、病院によってその給料には違いがあります。病院Aの場合は給料が28万ですが、病院Bの場合は36万などの具合です。求められるスキルの違いなどがあり、それだけ大きな差が生じるケースも珍しくないのですが。ですので上記の28万のような不満があるなら、もっと高めな病院に転職をしてみる選択肢も浮上します。実際求人案件を見てみれば、かなり給料が高めな所もあるでしょう。そこで働く事を検討してみるのも、一方なのですね。

 

 

4.平均給料が高めな地域を検討する

 

 

ところで前述のように、各地域によって給料の差が見られるのは事実です。それだけに、看護師として働く方々などは、別の地域に着目をするケースもある訳ですね。現在の地域では平均給料が少々低めとなっているので、都心エリアなどで転職をする選択肢も浮上する訳です。つまり平均給料が高めな地域の転職という選択肢ですね。

 

 

5.各地域の最低賃金などは把握

 

 

そのような考え方で転職活動を行うなら、やはり各地の給料水準などは把握しておくのが望ましいでしょう。少なくとも各地の平均時給などは、やはり理解をしておくのが望ましいと言えます。公的な機関などでは、各地域の最低賃金のデータなども一般公開してくれています。それを事前に把握してからお仕事探しをする方が、他県での転職活動も効率化しやすいでしょう。

 

 

給料の不満解決の為に他県に注目

 

 

すなわち、

 

  • それぞれの地域によって平均給料は異なる
  • 現在の給料に対する不満解決のための転職
  • 給料が高めな地域でお仕事を探す

 

このような事が言える訳ですね。現に他の都道府県でお仕事を探した事によって、給料がアップしている事例は確かに見られます。現在の給料に対する不満があるなら、他県に着目をしてみるのも賢明と言えるでしょう。