看護師転職は多い分、情報量も選択肢も豊富

看護師は比較的転職が多いのが特徴です。これは女性看護師が多いことからライフステージに合わせて仕事のスタイルを変えることがあるからで、ブランクがあっても復帰しやすい現場も多いのが特徴となっています。

 

 

1.看護師の転職はポジティブなものも多い

 

 

男性の看護師も増えてきましたが、看護師は女性が多い職業です。そのため、出産や育児などのライフスタイルに合わせて転職する人も多く、正社員にこだわらずに働いている場合もあります。看護師の資格自体が就職のために非常に有用な資格のため、場所を選ばなければ簡単に転職先を見つけられることも多いのです。技術の向上やキャリアアップのために転職を繰り返す人も存在し、人生の段階に合わせてポジティブな気持ちで転職をする人も多いのです。

 

 

2.柔軟な働き方の選択もできる

 

 

看護師といっても、病院に勤めるのか、個人経営のクリニックに努める過でも仕事の内容が大きく変わる時があります。特に夜勤の有り無しは大きく、時間の作り方にも大きな差が出てきます。子育ての費用を稼ぐために夜勤を多く入れる人や、逆に子供といる時間を作りたいからと日勤のみにする人もいるのです。夜勤はそれだけ手当も増える形になりますが、体力的につらい人がいるだけでなく、生活リズムを崩してしまう人もいるため、しっかりとした管理も体調管理も必要になります。最初から日勤しかない個人クリニックなどに勤めればそもそも夜勤自体が存在しないため、仕事量の調整も行いやすいのです。

 

 

3.転職者が多いからこそ情報が充実している

 

 

看護師の転職情報は非常に充実しているのも特徴です。これは看護師不足に悩む病院が多いことから積極的に情報の開示を行っているだけでなく、転職エージェントサービスなどが積極的に活動しているからでもあります。その分条件がいい仕事を見つけやすく、勤務条件も細かに指定できることも多くなっています。子育てでブランクがあっても歓迎してくれる病院も存在し、働き方の制限を受けにくいのも特徴です。もちろんキャリアアップのために先端医療を行っている病院を目指す方法もあり、給与も相応に高くなっていくこともあります。非正規雇用であっても時給が高いことが多いから、短時間の仕事でも安定収入につなげやすいのも特徴といえます。

 

働きやすい職場を見極めるたった4つの条件 - CBネット

 

看護師は柔軟な働き方を選びやすい

 

 

看護師は女性が多く、人手不足の病院が多いことからライフステージに合わせた転職もしやすくなっています。

 

  • ポジティブな転職が多い
  • 働き方の選択肢も豊富
  • 情報が充実している

 

看護師転職の特徴を簡単にまとめてもこれだけのメリットがあり、さらに収入を上げるためのキャリアや非正規雇用という選択肢も出てきます。育児後の復帰制度が充実している職場も多く、ブランクが問題にならない場合もあるのが特徴です。転職のための情報も充実している場合も多く、都道府県の賃金相場なども調べやすくなっています。情報が充実しているため、条件の比較検討も行いやすいのも特徴といえます。