看護師が地方で転職先を探すメリットとは何か

地方での看護師転職は都市部と比べて選択肢も少なく、賃金も安い傾向もあります。しかし、過酷な競争から逃れられるため安定した仕事に繋がることも多く、精神的なストレスを抱えずに済むと言うメリットもあります。能力の問題ではなく性格的な適性もあるため、視野に入れることで人生が豊かになるケースもあるのです。

 

 

1.都市部に比べて競争が少ない

 

 

地方の病院は都市部と比べて競争が少ない場合が多く、転職の成功率も高くなる傾向があります。人手不足に悩む傾向にある病院も少なくないことから転職希望者が来るだけで歓迎されるケースもあるほどです。競争が少ない分正社員になるためのハードルも低く、安定した仕事に繋げやすいのがメリットといえます。また、中小規模の診療所であれば比較的のんびりとした勤務体制になっている場合もあるため、精神的な余裕を保ちやすいのもポイントです。もちろん仕事である以上公私でメリハリをつけることは大切ですが、性格的に忙しさに追われない職場の方が働きやすい人もいるため、選択肢に入れるだけの魅力があるのです。

 

 

2.先端医療に携わる病院が集中していることも

 

 

地方といっても県庁所在地などが存在するエリアは先端医療を導入しているケースも多く、大型の病院が集中する傾向があります。そのため、首都圏よりも先端医療に触れられる確率が上がる場合もあり、倍率の面でも低いこともあります。中には地方の病院が日本の先端医療をけん引しているケースもあり、医療研究の第一人者や日本初の技術に触れられるケースもあるのです。条件ではなく技術力や人材で地方を選ぶと言う選択肢も存在し、その地方でなければ積めない経験に繋がります。キャリア的にもプラスになることが多いため、地方で経験を積んでから首都圏への転職を目指す方法もあります。

 

 

3.非常に待遇の良い地方も存在する

 

 

都市部の賃金は地方より高い傾向がありますが、同じ地方であっても自治体によっても事情は変わってきます。これは自治体が医療の充実や福利厚生に大きな予算を割いているケースがあるためで、地方でありながら都市圏と比べても賃金に遜色がない場合や、逆に平均値が高い場合もあるのです。看護師人口が多いことから残業が少なく、一人当たりの負担が少ない病院も存在します。都市部が全ての面で優れているわけではなく、比較すると非常に待遇の良い地方も存在するのです。

 

 

地方でも様々なメリットがある

 

 

地方の看護師転職の魅力を3つにまとめると以下のポイントが浮き上がります。

 

  • 競争が少ないため働きやすい
  • 先端医療が集中する地域がある
  • 地方でも非常に待遇が良いケースもある

 

看護師の賃金や待遇は県や自治体によっても大きく左右されます。競争が少なく働きやすいだけでなく、先端医療を積極的に導入しているケースや賃金などの待遇面が首都圏に負けないケースもあるのです。労働時間や勤務の密度など性格や体力面での適性も存在するため、しっかりと比較して検討することが暮らしの豊かさにも繋がります。

 

多くの人が使用するおすすめの求人サイト一覧を出してるサイトがありますので、参考にしてください。

更新履歴